コスパ最強ホイール「WH-RS21」に交換!

Iroha Magazine のミズグチです!

ホイールをコスパ最強と噂のRS21に交換することにしました。

いろいろなブログ様のインプレッションを見る限り、完成車についているホイールからステップアップするならコレ!という感じみたいですね。

工具セットを先日購入したので、タイヤ・チューブ取り付け、ホイール交換初挑戦となります!

タイヤとチューブはパナレーサーのやつ

タイヤとチューブは取り敢えず評判が良さそうなパナレーサーのものをチョイスしました。RACE Lは軽量タイプのため、タイヤだけでも結構な軽量化になりそうですね。

こんなにコンパクトになってるんですね…。

タイヤ:Panaracer(パナレーサー) RACE L Evo2
チューブ:Panaracer(パナレーサー) RacingTube R’AIR

RS21さんご到着

RS21さんがamazonより届きました。当然ですが、いきなり大きな箱が来てびっくりしました。

箱をあけると…

こんな感じに入ってました。
内容物は以下の通りで、ホイール、1.85mmスペーサー、クイックリリース、説明書が入ってました。

RS21は11s用のホイールですが、スペーサーを使用することで、10s以下にも対応させるために付属されているようです。
ただ、私はアホなので、後ほどこのスペーサーに悩まされるのでした(後述)。

ホイールにチューブとタイヤをはめる

今までパンクしたことがなく、ホイールにタイヤやチューブをはめたことがありませんでした。そのため、この作業についても初挑戦となりました。

まずはタイヤを片側だけはめました。

その後、チューブを装着するのですが、その前にチューブに少量の空気を入れて、作業をしやすくします。

リムの中に落としこむ感じで、チューブを装着していきます。この時、しっかりと落とし込まないとパンクの原因となるようです。

チューブが全て入ったら、もう片側のタイヤをホイールに嵌めていきます(写真撮り忘れた)。

四分の三ぐらいはめていくと、残りがはめ辛くなっていきましたが、気合でいれました。
最後までタイヤがパコーンとハマった時の感覚はなんとも気持ちいですね!

リムナット(空気入れのバルブのナット)は最後に止めました(重要らしい)。

その後、タイヤにいつも入れている半分ぐらいの空気を入れて、タイヤに異常がないことを確認し、残り半分の空気を入れてあげました。
新品のチューブに空気をパンパンに入れるのは破裂しないのか不安になりましたが、大丈夫なもんなんですね。

スプロケットの移植

ホイールへのタイヤの装着は完了したので、続いてスプロケットの移植をしていきます。

工具セットに入っていた、ロックリング回しと小ギア抜きを使って旧ホイールからスプロケットをはずしていきます。

ロックリング回しをスプロケカセットに装着して、かなりの力を入れてはずしました。

取り外したスプロケットは黒ずんでいたので、ブレーキクリーナーで綺麗にしてあげました。

取り外したスプロケットをRS21に装着!

 【悲報】スペーサーの取り付けを忘れる

スプロケットをRS21に取り付け、グイッグイッとロックリングを固定してから、「アレ?スプロケットがガタガタしてる…」という状況になりました。
まぁこんなもんなのかな?と思って、そのままフレームにホイールを装着しましたが、変速がやっぱりうまくいかないので、googleで調べてみることに。

結果として、このスプロケットはティアグラのCS-4600なんですが、マニュアルを見たら普通に1.85mmスペーサーをつけろって書いてあり(1mmは不要)、ようやく問題に気づきました。

スペーサーを入れたらガタツキもなくなり、無事交換完了となりました。

インプレッション

素人の感想となりますが、まず漕ぎ出しの軽さを実感し、平均時速も2-3キロは速くなったと感じました。

ホイールの軽さだけでなく、ハブの精度の良さもあるのでしょう。あとは乗り心地が非常に良くなり、ロングライド時にはお尻の痛み等に良さそうです。ただ、これはタイヤのせいもあるのかもしれません。

見た目については非常にシンプルかつ安っぽくなく、好感が持てます。

ホイールを変えるだけでかなりの変化があり、毎日のトレーニングやロングライドが楽しくなりそうです!ただ、これらの作業調べながらやっていたら3時間ぐらいかかりました笑。一度やったので、今後は1時間もかからずに出来ると思いますが。

追記:この後Racing3のホイールを購入したのでRS21との比較を参考までに記載します。Racing3はRS21と比べ軽量であるため、登りはさすがにRacing3に分がありますが、速度の維持等はあまり差がないように感じました。やはりRS21のハブの性能が高いんだろうと思います。

その後、FULCRUM Racing3にホイールを交換しましたので、以下の記事もよければ御覧ください!

Iroha Magazine のミズグチです! FULCRUM Racing3を購入してから500km近く乗ってみたのでインプレッショ...
The following two tabs change content below.
ミズグチ

ミズグチ

神奈川出身、東京在住。Iroha Mazagineの記者と構築担当。 新しいモノが大好きで浪費癖が酷い。ロードバイク(TIME first)と音楽(ギター)が趣味。 YouTubeでミズハラゴウというユニットで音楽を中心とした活動もしています。 自分が気になるものは何でも記事にし有用な情報をお届け出来ればと思っています!