新型コロナウイルス対策再認識、石鹸で手を洗うとこは効果的な対応!

「今がピーク」ではという見方もあるが、まだまだ猛威を振るう新型コロナウイルス。対策として、手洗いが有効であることは、既に認識されていることで「今更」感もあるが、調べてみると、確実に効果のある手段であることを再認識した。また、コロナウイルスは石鹸の成分が天敵のようだ。本日は、その「手洗いと石鹸」にスポットを当ててみたい。

1、コロナウイルスは石鹸で死滅する。

以下、専門家のコメント。

「新型コロナウイルス自体のデータはまだありませんが、同じコロナウイルスの仲間と同様の特徴を持つと考えた場合、ウイルスは界面活性剤つまりせっけんで死滅します。アルコール消毒も効きます。WHO(世界保健機関)も厚生労働省も「まずは手洗い、アルコール消毒を」と推奨しているのはこのためです。」<毎日新聞>さいたま保健所、所長コメントより

2、薬用石鹸でなくてもよい。

界面活性剤」という石鹸の特性にコロナウイルスは弱いわけなので、別に「薬用」でなくても大丈夫だ。石鹸というのは、油・水・苛性ソーダが主成分で、それに殺菌成分が含まれたものが「薬用石鹸」。なので、ウイルス対策の手洗いは、石鹸なら種類を選ばないということで、薬用なら尚良し、ということ。

3、殺菌より、除菌

薬用石鹸の「殺菌作用」については、調べていくと「ほとんど効果がない」というようなネガティブな情報も散見される。そういう情報はスルーしてよい。と、いうのも、このウイルス対策の手洗いに関しては、先に述べた「海面活性剤」という、石鹸の特性がウイルス撃退効果があることと、「殺菌」より、ウイルスを手洗いで除去する「除菌」の効果が顕著で期待されるからだ。この新型コロナウイルスが、空気感染ではなく、飛沫感染・接触感染するという特性からも、その理屈は安易に理解出来る。

4、効果的な手洗い方法

◎手洗い時、特に意識して洗うのは以下の箇所

手のひら

指の間

手首

手の甲

※石鹸を泡立て、各箇所20秒程、ゆっくり丁寧に洗うのが望ましい。

手洗い方法

てあらいの歌 ← 手洗いの楽しい歌、お子様がいる家庭はご一緒に

このような手洗いと、うがい、アルコール消毒液があれば併用すると効果大だ。

新型コロナウイルスの特性として、「アルコールに弱い」死滅する、ということは大きなファクターだが、現在、全国的に消毒用のアルコールが不足していて、特に一般家庭では手に入れにくいので、今回のこの記事ではそこにはスポットを当てていない。

5、いつ手を洗えば効果的か

食事・調理の前・・ウイルスを体内に取り込まないための基本

外出からの帰宅時・・電車や買い物など多くの人と接近遭遇の後に。

咳・鼻をかんだ後・・・咳エチケットもを守ろう

以上のようなタイミングで手洗いが効果があるが、それ以外でもマメに実行したい。

何しろ、敵は目に見えない、忍者のように忍び寄り感染したとしてもすぐに症状は出ず
潜伏期間を経て発症となる。やっかいなのだ。感染する確率や死亡率も低いので、「対岸の火事」とのんびりはしていられない、誰でも感染する可能性、リスクはあるのだ。

個人が、それぞれ出来る限りの対策実施して、なんとか、この難局を乗り切りたいものだ。

The following two tabs change content below.
nora

nora

シニア世代の自由人、趣味のオヤジバンド・野鳥写真・風景スケッチ等で西多摩方面に出没