ハンドルが遠く感じたので、ステムを変える。

Iroha Magazine のミズグチです!

「ロードバイクは体にあったサイズを選べ」と、よく耳にしますが、私のロードは、後輩から売ってもらったものだったので、やや私の身長からすると大きいものでした。

フレームサイズがやや大きくても数十キロぐらいであれば、あまり気にしないで乗り続けることが出来るのですが、少し遠出すると前傾姿勢がきつくなり、ハンドルの手前ばかり持っていました。

今度東海道を自転車で走破しようと考えており、遠出仕様に変えたいなーということで、ステム交換に踏み切りました。

KCNC フライライドを購入

調べてみるとあまり短いステムって無いんで、選択肢としてもあまり無かったですが「KCNC フライライド」にしました。軽量アルミのステムでamazonで4000円ちょっとでした。結構立派な箱に入ってるんですねー、プチプチでくるんで送ってきてもらっても良かったんですが笑。

近くでみるとこんな感じ。手に持った感じはとても軽いですね。サイズは60mmで、現在のステムが80mmなので20mmは短くなる想定です。

さっそく装備してみる

パーツは装備しないと意味がないので、さっそくステム交換することにしました。
まず80mmのステムをはずします。ハンドルを取り外しました。

ニューステムと比較するとこんな感じ。こうやってみると20mmの差は大きいですね!

そして途中の写真は撮り忘れましたが、最終的な写真はこちら。ステムが短いので、ロードバイクスタイルとしてはちょっとイマイチですが、乗り心地優先ということで…。

たかが20mm、されど20mm。

20mmだからそこまで変わらないかなーと思ったんですが、全然違いますね。ハンドルが近くに感じます。今までは手を伸ばした感じのポジションだったのですが、少しコンパクトになった感じです。
よく短いステムだとハンドルが切れやすくなるなどのデメリットを耳にしますが、あまり気にならなかったです。ハンドルが近くなった分、あまりハンドルに体重を乗せなくなったからなのかもしれません。

これなら長距離乗っても背筋や腹筋の疲れを低減出来そうです!

The following two tabs change content below.
ミズグチ

ミズグチ

神奈川出身、東京在住。Iroha Mazagineの記者と構築担当。 新しいモノが大好きで浪費癖が酷い。ロードバイク(TIME first)と音楽(ギター)が趣味。 YouTubeでミズハラゴウというユニットで音楽を中心とした活動もしています。 自分が気になるものは何でも記事にし有用な情報をお届け出来ればと思っています!