【糖質制限】糖質を抑えるために白い粉に手を出そう(難消化性デキストリン)。

Iroha Magazine のミズグチです!

私のダイエットのテーマの1つとして、「食事」があります。今回はカロリーを抑えるのはもちろんですが、糖質を少なくしインスリンの分泌を抑えることで脂肪の合成を抑制していきたいと思います。ただ、無理をしないというのが私の方針であるため、考えた作戦を連載し実際に実践した記録を残していきたいと思います。

実践編は忘年会飲み会のラッシュが終わる2017年12月下旬を予定しています。

難消化性デキストリンとは

難消化性デキストリンを御存知でしょうか。

今トクホ(特定保健用食品)飲料ブームと言っても過言ではないぐらい各社からトクホ飲料が販売されていますが、何がトクホたらしめているかというと難消化性デキストリンがトクホ飲料の正体なんです。

効果としては3つあります。

  • 腸を整える作用
  • 血糖値の上昇を抑える作用(糖の吸収を抑える)
  • 中性脂肪の上昇を抑える作用(脂肪の吸収を抑える)

要するに、難消化性デキストリンを摂取することで、血糖値の上昇を抑える作用=低糖質ダイエットと似た効果があり、インスリンの分泌を抑え脂肪の合成を抑制する効果がある、ということです。さらに、脂肪の吸収を抑える作用があり非常にダイエット向きということです!

また、天然のでんぷんから抽出された成分で作られているため、摂取しすぎても多少お腹がゆるくなる程度といわれているため、実質副作用はないといえます。あえて注意するのであれば、がっつり糖質制限している人はあまり効果が薄いだけでなく低血糖になる可能性があるので、摂取は控えたほうが良いのではないかと思われます。

トクホ飲料が高いなら作れば良い。

コンビニやスーパーに並んでいるトクホ飲料はわりと強気な値段が設定されている。たまに飲む程度であれば良いが毎日のように飲むのであれば、結構なコストになります。

そこで、高いのであれば自作すれば良いという結論に至りました。難消化性デキストリンを単体で購入が可能であり、2kgで2,000円で売っているのでかなり安価に作ることが可能なんです!

トクホ飲料には350mlのお茶に5gの難消化性デキストリンが含まれて150円~200円の価格の場合が多いが、2L 150円のお茶に難消化性デキストリンを20gいれるだけでも、170円程度であるため、大体1/4~1/5の値段でトクホ飲料を自作することが出来ます。しかも自分のお気に入りの飲料をトクホにすることが出来るのは非常に嬉しいですね。

また、ほとんど無味で水に溶けやすいという特性があるため、ご飯を炊く際に入れてもよし、スープにいれてもよし、なんでもトクホにすることが出来るのでかなり使い勝手が良いんです。私はプロテインを飲む時には一緒にいれてシェイクして飲むようにしています。

自作トクホを水筒に入れ、安く楽に痩せる

私はサーモスの水筒に難消化性デキストリンとお茶を入れ、昼食時に飲むようにしている。サーモスの水筒はかなり保温性が高いので、昼食時でも温かいお茶を飲むことが出来るためおすすめである。寝坊した日は水筒の準備が出来ないので、市販のトクホ飲料を活用していきたい。

どうだろうか。あなたも魔法の白い粉に手を出してみないだろうか。

The following two tabs change content below.
ミズグチ

ミズグチ

神奈川出身、東京在住。Iroha Mazagineの記者と構築担当。 新しいモノが大好きで浪費癖が酷い。ロードバイク(TIME first)と音楽(ギター)が趣味。 YouTubeでミズハラゴウというユニットで音楽を中心とした活動もしています。 自分が気になるものは何でも記事にし有用な情報をお届け出来ればと思っています!