SMPサドルならお尻(股)は痛くならないよ。

Iroha Magazine のミズグチです!

ロードバイク乗りにとって、サドルというのは永遠の悩みだと良く聞きます(ある人はサドル沼と呼んでいました)。この記事を読んだ人がサドル沼にはまることなく、一発で相棒と呼べるサドルを購入できればと思い、記事にしました。

SMPサドル導入のきっかけ

そんな私も、はじめてのツーリング(約80キロ)に行った後、男性機能が低下するんじゃないかと思うぐらい痛みに襲われました。

はじめてのロードだったのでポジショニングの問題だと思っていましたが、2回目、3回目とポジションを意識して乗ってみても一向に痛みが減ることはありませんでした(もちろんレーパンは穿いています)。

痛みとしては、尿道や前立腺?が痛く、ひどい時にはピキッというような刺すような痛みもあり「これは楽しんで乗っていられるレベルじゃないな。」と感じました。

早速、はじめてのパーツ交換ということで、サドル沼に足をつっこむべく、Googleで検索をはじめました。
すると、「穴あきサドルがイイらしい」という結論に至りました。

候補としては、SPECIALIZED等もありましたが、SMPサドルのエントリーモデルなら1万円も切るし、いいんじゃないかな?と思って、すぐさまamazonで購入を決めました。

SELLE SMP EXTRA

購入したのは「SELLE SMP EXTRA」という、SMPサドルのラインナップの中でも下から2,3番目ぐらいのやつみたいです。

ただ、見た目はシュっとしてて、7000円弱の値段だったので失敗しても良いかなーと購入しました。

横から見た写真

上から見た写真

インプレッション

あ、これ尿道、大丈夫なやつだ。

乗ってみてすぐ分かりました。その後サドルの高さを調整しつつ初走行は1時間程度でしたが、お股の痛みは皆無でした。なんというか浮遊感のあるサドルで、尿道痛くなる系ローディには非常におすすめできます。

その後も100キロ程度のツーリングに出かけましたが、尿道、前立腺共無事で、お股の痛みはだいぶ低減出来ており、楽しく乗ることが出来ています。

このサドルのお陰で、ロードバイク=お股痛い、というレッテルをはることなく今のところロードバイク生活をエンジョイ出来ています。

重量は高級サドルと比べて結構ありますが、このクッション性を考えれば仕方のないことだと思います。今後、軽量化とかを気にするレベルになれば、上位モデルも視野に入れたいと思っています。

追記:東京~京都ライドもこのサドルで挑戦しましたが全く股の痛みはなかったです。私には相性バッチリでした。優秀!

その後、EXTRAにも十分満足していましたが、上位サドルのSMP DRAKONに買い替えました!

Iroha Magazineのミズグチです! 昔、SMPサドルについて記事を書かせて頂きましたが結構アクセス数もあり、尿道やお股の痛み...

The following two tabs change content below.
ミズグチ

ミズグチ

神奈川出身、東京在住。Iroha Mazagineの記者と構築担当。 新しいモノが大好きで浪費癖が酷い。ロードバイク(TIME first)と音楽(ギター)が趣味。 YouTubeでミズハラゴウというユニットで音楽を中心とした活動もしています。 自分が気になるものは何でも記事にし有用な情報をお届け出来ればと思っています!