Rippleが今後仮想通貨の基軸通貨になる。

Rippleが仮想通貨時価総額で2位に

Iroha Magazineのミズグチです!

今日起きたらびっくりしました、Rippleが余裕でイーサリアムの時価総額を超えていました。しかもそろそろ倍の差になりそうです。

何故こんなに急に伸びたのか?

やはり仮想通貨の中でも様々な面で優秀であることが、周知の事実になってきたことから、Rippleの将来性を見込んで買いが集中したのだと思われます。

最近はRipple社もそのことについて積極的に宣伝していますね。

送金手数料の安さ

ビットコインが28.23ドル(約3,100円)に対して、Rippleなら0.0004ドル(0.04円)という超低コストな送金手数料であるという比較画像です。ほぼ無料で送金可能と思って良いでしょう。

送金スピードの早さ

以下の動画の通り、ビットコインが66min(66分)に対して、Rippleは3秒という早さで送金完了します。私もよくウォレット間の送金をしますが、一瞬で終わっていますね。

処理速度の早さ

送金速度の早さと関連しますが、Rippleの大きな特徴としてはやはり処理速度の早さです。ビットコインが1つの処理をしている間にRippleは100ぐらいの処理をすることが出来ます。圧倒的な差ですね。

なのでRipple買っときましょう。

上記の理由から、仮想通貨をとりあえず買っとけば伸びる時代は終わったのかなーと個人的には思います。来年もいろんな取引所でRippleの取扱が増え、更にRippleは伸びると思いますし、実社会での利用(銀行間の送金)等もはじまりますので、ぐんぐん伸びるでしょうね。ということでRipple買い増しや!笑

Rippleを安く買う方法は?

今のところ、日本でRippleを安く買うには、2パターンかと思います。

①日本円でRippleを直接購入する。

日本の取引所でRippleを取り扱っているところで買いましょう。基本的にはbitbankが安いので、私はbitbankで購入します。

②日本円をビットコインに変えて、海外の取引所でRippleを購入する。

海外の取引所ではRippleを取り扱っている所が多いですが、直接日本円では購入出来ません。なので、一旦日本の取引所でビットコインに変えて、ビットコインを海外の取引所に送金してからRippleを購入します。

私の場合はbitFlyerでビットコインを購入し、binanceでRippleを購入しています。

bitFlyerとbinanceの口座開設方法は以下を参考にしてください。

bitFlyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyerの開設方法は以下の記事を参考にしてください。

Iroha Magazineのミズグチです! 仮想通貨に興味を持ちその日のうちに口座を開設。一週間後にはマイニングマシンを構築していま...

binance


世界一の取引所・無料登録はコチラ

以下のサイトが非常に詳しく分かりやすかったので参考にしてみてください。

Binance(バイナンス)の登録方法を図解マニュアル作成しました!。海外の取引所ですが、見ながら作成すればどなたでも問題なく出来ると思います。Binanceは世界1位の取引所。XVGにTRON、TRIGなど国内では購入できない魅力的な通貨が沢山揃っています。使いこなして資産をアップさせましょう。
The following two tabs change content below.
ミズグチ

ミズグチ

神奈川出身、東京在住。Iroha Mazagineの記者と構築担当。 新しいモノが大好きで浪費癖が酷い。ロードバイク(TIME first)と音楽(ギター)が趣味。 YouTubeでミズハラゴウというユニットで音楽を中心とした活動もしています。 自分が気になるものは何でも記事にし有用な情報をお届け出来ればと思っています!