2018年大注目のPaccoin(PAC)を徹底的にまとめてみた。

Iroha Magazineのミズグチです!

<2018/01/11更新情報>
現在CriptopiaのPAC/LTC及びPAC/DOGEの購入がメンテナンスにより購入出来ない状態が続いております。コイン自体は健全ですが取引所の影響で価格が下がっております。非常に残念ですね(これが草コインの宿命か…)。現在はCriptopiaは別サーバにて構築を急いでいるようで、売買再開まで価格の下落が考えられます。今買うのがチャンスとは思いますが、各自自己判断で購入されるのが良いかと思います。私はガチホ一択です!


2018年になり仮想通貨はさらにいろんな人に知られるようになると思うので、バブルの年になりそうですね。仮想通貨が株やFXのように一般的に知られるようになったら一大市場になりそうですね!仮想通貨の市場規模の推移としては、

2017年01月:2兆円
2017年06月:11兆円
2017年12月:37兆円
2018年01月:91兆円 ←!?

となっており、劇的な市場拡大が起きています。ただビットコイン等の通貨はあまり伸びていないにも関わらず、これだけ規模が大きくなっているということはアルトコインへの注目が集まっている、ということがわかりますね。

2017年はBTCやETH等の主要コインやファンダメンタル的に大きな強みがあるRippleが急成長しましたが、今年は草コイン元年になると私は確信しており、その中でもPaccoin(PAC)を推していきたいと考え記事にしました。長い記事ですが、頑張って書いたのでご一読頂けると嬉しいです笑。私は情報処理安全確保支援士という国家資格を持っており、セキュリティの観点からもウォレットを取り扱う注意点等も記載しています。

※草コイン:単価が安くまだあまり有名ではない仮想通貨のことを言います。

<ご注意>
あくまでまだまだ情報が少ないコインであり、私が調べた情報に過ぎないので読者の方も投資する際は自己判断・責任で行ってください。また草コインはハイリスク・ハイリターンであることを理解した上で投資しましょう。

2018年は草コイン元年になる

2018年にはいってから、時価総額が上位のコインはジワ上がりしており、これは仮想通貨新規参入者が手を出しやすいコインのためジワ上がりしているんだろう、と推測されます。ただ既に時価総額が上位の仮想通貨(BTCやRipple)は今後も単価は上がるでしょうが、何倍はあっても何十倍はもう見込めないところまできていると思います。

そこで、仮想通貨に慣れてきて人や投機目的の人が増えてきた2018年は、単価が安い草コインに注目が集まる年になるだろうと思います。何故なら単価の安いコインであれば、何十倍、何百倍、何千倍の可能性が秘められています。去年の一例として、以下はMONAコインのチャートですが、すごい伸び方していますよね笑。

どのような草コインが成長したのか?

2017年に伸びた草コイン(と言ってしまうと失礼ですが)の特徴についてまずは考えてみましょう。

①コミュニティが活発である。
②ファンダメンタルがしっかりしている。
③コイン自体の性能(送金時間、手数料)。

があげられると思います。

コミュニティが活発であればあるほど、口コミでも広まりますしそのコインの用途の議論も活発になることは大きな要因であるといえます。運営サイドの方と直接お話が出来るのも良いですね。

②、③については今後そのコインが銀行やクレジットのシステムのように実社会で利用が期待されるコインになりうるため、こちらも伸びる大きな要因ですね。

この中の特徴に一致するものとして挙げられるのは、

NEM(XEM)  0.0036ドル→0.93ドル 253.1倍
Ripple(XRP)  0.0065ドル→2.14ドル 328.1倍
Tron(TRON) 0.0017ドル→0.0446ドル 24.9倍(2018年は更に上昇)

他にも日本初でコミュニティが非常に活発なMONAコインは一時650倍を達成し、2017年だけでもかなりの草コインが大成長していることがわかります。

2018年はどんな草コインが伸びる?

私はPaccoin(PAC)が伸びると確信しております。

まずはXPの話をさせてください

PACの話の前に、XPというコインについてご紹介したいと思います。XPは2017年12月から既に伸びており、たった数週間で何十倍にも伸びています。

伸びた要因は何か?と考えると、前段で伸びた2017年に伸びたコインの特徴と一致しているんですよね。特にdiscordでのコミュニティの結束感や盛り上がりは特筆すべきだと思います。

また、XPはPoS(Proof of Steak)を採用しており、簡単にいうとコインを保有している人たちがお互いに認証しあうような方式となっております。イーサリアムも今後PoSに移行すると言われています。

PoSはGPUパワーでマイニングを行うPoW(Proof of Work)と違いマシンパワーを使わずにマイニングが可能という特徴を持っています。そのため、スペックの低いパソコンであってもマイニング可能であり、コイン保有量に応じて定期的に報酬を受け取れるという大きな特徴があります。要するにコインを買って放っておけばコインがガンガン増えちゃう、というお手軽マイニングが可能です。

上記のPoSという特徴から持っていれば増えるので、マイニング目的の人はあまり売らないので、大暴落が起きにくいのも投資対象としては大きなポイントですね。

XPに早い内に目をつけて数千万以上のXPを持っている人はそれだけで平均的なサラリーマン並の報酬を受け取れるみたいですね。羨ましい!(ギギギ)

Paccoin(PAC)とは?

Paccoin(PAC)は、XPに非常に近い特徴を持ったコインです。少し前までは次期XPとまで呼ばれていたぐらいです。

・開発陣が優秀
・コミュニティが活発
・PoSを採用

といった所が似かよっており、2018年に入ってからXP人気に合わせて徐々に価格も向上しています。

ただ、現状のPACはコインとしての性能はまだまだといった懸念材料があったのですが、先日公式から発表された情報では2018年上旬に実施されるハードフォーク(Paccoin2.0への移行)において、すべての仮想通貨の良い所を取り入れた通貨にすると宣言しています。

Paccoin2.0の発表を有志の方が翻訳してくれていますので、以下を参照してください。

特徴をピックアップすると、

・高速な送金(2秒未満)
・非常に安価な送金手数料(0.03ドル未満)
・匿名性(今後選択可能になる?)
・PoSマイニング可能(持っていればコインを増やせる)

といったコインに進化すると宣言しています。前述したXPよりも目標が明確になっており、これが本当に実現すればRippleの上位互換にもなるため、もしかしたらPACが仮想通貨界の王者になるのでは!?とコミュニティー内では話題になっています。

また、現状発行枚数が非常に多いPACですが、ハードフォークにともない1000分の1にすると言われているため、1コイン単価の価値が上がる予定です。Rippleでも2017年12月に行われたロックアップにおいて、非常に大きな価格上昇が発生しましたね。

<2018/01/08追記>
今後PoSからNEM等と同様PoI(Proof of Importance)になるかもしれません。PoIもPoSに近いですが、コイン保有量に加え取引回数なども加味される方式です。判明次第追記します。

日本のPAC公式コミュニティが開設

ボイスチャットソフトのdiscord内に日本の公式コミュニティが開設されており、先日開設されたばかりであるにも関わらず5,000人を突破しました。コミュニティの数とチャートは比例するので、コミュニティの大きさもやっぱり重要なんだなあ、と思いますね。

discordをインストール(もしくはブラウザ版)した上で、以下のリンクからコミュニティに参加してみてください!

公式コミュニティに参加

メインのルームは「pac-mainchat」になるようです。コミュニティのルールもありますので「webcome」には一度目を通すようにしましょう!

雰囲気がよいコミュニティになるようにみんなで盛り上げていきたいですね!

参入するなら早い内に

PACは2018年1月8日現在では、1PACあたり日本円で0.04円にも満たない金額で購入することが可能です。

・非常に安価で購入可能→上昇した際の倍率が大きい
・保有枚数が多いほどマイニング報酬が大きい

上記、2点からもしPACに投資してみたい!というのであればお早めに参加されることをオススメします。

Paccoin(PAC)購入方法

現在、PACの購入はCryptpiaでの購入がメジャーとなっておりますので、Cryptpiaでの購入方法について説明します。

<注意>
現在PACの人気急上昇によりCryptpiaでのLTCとDOGE建ての購入がメンテナンス状態になっています。復旧を待ちましょう。
今後公式から直接PACを購入出来るようになったり、複数の取引所への上場を検討しているようです。

①Cryptpiaの口座開設

まずはCryptpiaの口座を準備しましょう。持っていなければ、以下の記事を参考に開設と操作方法を確認してください。

Iroha Magazineのミズグチです! 今回は草コインを買うならここ!と言われているCryptopia(クリプトピア)の口座開設...

②DOGEコインの準備

現在ではPACの価格が非常に小さいため、BTC建てで購入してしまうと価格がざっくりしすぎており、購入時にBTC換算で損をしてしまう可能性があります。そのため、まずはDOGEコインを購入しましょう。

私の場合は外部ウォレットからLTCをCryptpiaに送金しています。現状では、送金速度や手数料の面で優れていると思います。ETHは何時間も待たされました。LTC建てでDOGEを購入しました。

③DOGE建てでPACを購入

DOGEの準備が出来たら、あとはPACを購入するだけです!

ウォレットのインストール方法

PoSマイニングでコインを増やしたい場合は、ウォレットのインストールが必要となります。今回はWindowsPCへのインストール方法について説明します。

①PACCOIN公式にアクセス

こちらからPaccoinの公式サイトにアクセスしてください。

②ウォレットのダウンロード

TOPページを少し下にスクロールすると、各OSに応じたウォレットのダウンロードリンクがあるので、お使いの環境に応じてダウンロードしましょう。

ダウンロードリンクが死んでいる場合は上部メニューの「WALLETS」からミラーダウンロードのページにアクセス出来ますので、そちらからダウンロードしましょう。

③ダウンロードしたZIPファイルを解凍

ダウンロードしたZIPファイルを解凍し、「PacCoin_Installer.exe」を実行しましょう。実行後は基本的に画面通りにすすめるだけで完了です。

④ウォレットを起動

インストールが完了しましたら、ウォレットを起動しましょう。念のため、右クリックから「管理者として実行」で実行しましょう。

<起動しない場合は?>
以下の点について確認してみください。
・Windowsファイアーウォールの解除が必要な場合がありますので許可しましょう。
・ウイルス対策ソフトでブロックされている可能性があります。一度ウイルス対策ソフトを落として起動するか確認しましょう。
・そもそも起動には
結構な時間がかかる場合があります。気長に待ちましょう。

⑤ウォレットの同期

起動完了した状態ではまだPaccoinネットワークとは同期出来ていない状態です(out of sync)。同期されるのを気長に待ちましょう。私は1日放置した後に確認したら同期完了していました。

同期が完了すると↑の画像のようにウォレットの右下にチェックマークが入るようになります。

⑥自分のアドレスを確認

「Receive coins」をクリックすると、アドレス列に自分のPACアドレスが表示されていますので確認しましょう。後で送金時に利用します。

⑦ウォレットの暗号化(重要)

「設定」から「Encrypt Wallet…」でウォレットの暗号化をしましょう。

ただインストールした状態では、パソコンのローカルデータが暗号化されていないため、データが盗まれてしまうとコインが盗まれてしまう可能性があります

暗号化時に暗号化用のパスワードが求められますので、パスワードを入力し暗号化を完了させます。

万が一パスワードを忘れてしまうとウォレットが使用不可となるため、注意しましょう。

⑧バックアップを取得(重要)

「ファイル」から「Backup Wallet…」からウォレットのバックアップファイルを取得しましょう。「wallet.dat」を名前をつけて保存しておきましょう。

このバックアップファイルはいわば銀行の通帳+判子のようなものになっています。万が一パソコンがクラッシュしてしまった場合でもバックアップさえ取得しておけば、ウォレットにいれていたコインを失うことはありません。バックアップデータはセキュアなクラウドストレージ等に保管したり、USBメモリ等に保存しておくのがよいかと思います。

<パソコンがクラッシュしてしまった場合は?>
以下の手順で復旧が可能です。

①新しいパソコンにインストールする場合はウォレットをインストールします。
②「Windowswキー+R」から、「%AppData%」と入力し実行します。
「paccoin」フォルダの中に「wallet.dat」があるかと思いますので、これをバックアップした「wallet.dat」に置き換えます。

以上で復旧完了です。あとは同期が完了すれば元々保持していたコインが表示されるかと思います。

⑨セキュリティ対策(推奨)

ウォレットを自分のパソコンで取り扱う以上は、自分でセキュリティ対策をしましょう。最近のサイバー攻撃の傾向から、

・OSの脆弱性を突き、外部から侵入され勝手に送金される。

・マルウェア感染により外部から侵入され勝手に送金される。

・ランサムウェア感染によりファイルが暗号化されウォレットデータが解凍できなくなる(クラウドストレージにバックアップがあれば復旧可能)。

という可能性が多いにあります。そのため、以下の項目は実施しておきましょう。

・OSのバージョンアップは必ず実施する(脆弱性対策)。

・ウイルス対策ソフトを導入する(マルウェア/ランサムウェア対策)。

OSのバージョンアップはWindowsの場合は毎月第二水曜日に行われるので、忘れずに実施しましょう。

ウイルス対策ソフトについては、フリーソフトもありますが、最近ではウイルス対策ソフトを装ったウイルスがあるため、やはり有料のものが安心・安全です。仕事柄いくつものウイルス対策ソフトを比較してきましたが、トレンドマイクロ社製のウイルスバスタークラウドをオススメします。

1ライセンスで3台まで対応しているのも嬉しいですね。スマホでも仮想通貨のトレードをするので、1ライセンス契約しておくと何かと便利です。

PoSマイニングの方法

さて、最後はPoSマイニングの方法について記載します。PoSはパソコンさえあれば出来るので、是非皆さんもマイニングに挑戦しましょう。

①ウォレットに送金する。

Cryptpia等の取引所からウォレットに送金しましょう。ウォレットのアドレスは先にメモしておいたものになります。

まずは少額送付した後、ウォレットで着金を確認した後に一気に送金するのが安全かと思います。誤ったアドレスに送ってセルフGOXだけは避けたいですからね。。

着金するとウォレット上に以下のような着金した情報が出てきます。

②マイニング可能な状態にする

暗号化をした状態ではPoSマイニングがはじまりません。そのため、以下の手順でマイニング時の暗号化解除を実施します。

「ヘルプ」→「Debug window」をクリックします。

「Console」タブをクリックし、コンソール画面を表示します。下のコマンド入力スペースに以下のコマンドを入力してください。

walletpassphrase [暗号化パスワード] 9999999

そうすることで暗号化可能な状態となります。以下のように南京錠がはずれたマークになっていれば成功です。

③報酬発生までどのぐらいの時間がかかるのか

30日間ウォレットを起動しておくことで報酬が発生する状態となります。その後720時間毎に報酬をもらえるようです。報酬は保有コインの8%~と言われているので結構大きな額になりますね。

<マイニングに必要なコインの枚数は?>
100枚以上持っていればマイニング可能です。

<パソコン電源を切ってしまった!30日間やり直し?>
違います。ウォレット起動時間の合算時間なので、やり直しではりません。

<定期的にウォレットが落ちてしまうのは何故?>
私もこの事象が発生してしまいます。現状は気づいたら手動で立ち上げるしかないですね。コミュニティ内ではウォレットはメモリを多く食うのでメモリを空けておくのが良い?という情報はありました。


長い記事となってしまいましたが、ドンドン情報を更新していきたいと思います。また、新しい通貨の話であるため間違い等お気づきの点がありましたら是非コメントやTwitterのメッセージ等でご連絡頂けると嬉しいです!

The following two tabs change content below.
ミズグチ

ミズグチ

神奈川出身、東京在住。Iroha Mazagineの記者と構築担当。 新しいモノが大好きで浪費癖が酷い。ロードバイク(TIME firstフレームにアルテグラ)とエレキベース(Sadowsky)とダイエットが趣味。 最近はもっぱら仮想通貨にハマっています。XRPがメイン。BCH、XP、PAC等にも分散投資中。 自分が気になるものは何でも記事にし有用な情報をお届け出来ればと思っています!

コメント

  1. レイン より:

    はじめまして。
    PACcoinについて興味がありますので、質問させていただきます。

    この通貨は匿名通貨に分類されると思いますが、今後、法整備で匿名通貨の立ち位置が危ぶまれる可能性も大いにあるかと思います。その点について、ミズグチ様はこのリスクよりも、ご自身が想定されたリターンのほうが上回ると判断したうえで保有されているのでしょうか?もしくは匿名通貨に対する法規制が強化される可能性が低いと判断できる根拠をお持ちなのでしょうか?
    よろしくおねがいします。

    • ミズグチ ミズグチ より:

      コメントありがとうございます。
      私としましては、PACのような草コインは価値がゼロになる覚悟で購入しております。
      リスクを背負わず大きなリターンを得ることは難しいのはどの世界でもいえることだと思います。
      ただ草コインの中でもリスクが少ないと考えられるPACに投資しているというのが私の考えです。

      法規制については私は全く気にしていません。これは根拠はありません。ただ楽観視しているだけです笑。
      Tor等が元気に利用されているのを考えると手出し出来ないんじゃないかな、と思っています。

      今回のコメントは私見ですので参考にならなかったと思います。申し訳ございません。

  2. 匿名 より:

    記事を拝見しました!他のサイトよりもわかりやすく参考になります

    私もXPやPACのPoSを始めてみたいのですが、パソコンをつけっぱで起動時間が長くなると負荷がかかって故障の原因になるのではと心配でなかなか手がつけられません
    ノートPCくらいのスペックでも可能でしょうか?使っていない物があるので

    やはりメインPCやノートPC以外にマイニング用で別に用意したほうがいいのでしょうか?

    • ミズグチ ミズグチ より:

      コメント頂きありがとうございます!
      PoSのマイニング(ミンティング)についてはメモリを多少食いますが、スペックとしてはゲーミングPCのようなハイスペックなものは必要はないかと思います。メモリが4GBぐらいあればどんなPCでも問題ないと思いますよ。
      また、最近のパソコンであれば起動し続けていても特に故障のリスクが増える等の懸念はあまりないかと思います。逆に頻繁に電源をオンオフするほうがリスクが高いという話も…。

      ただ電気代を考えるとノートPCやタブレットPCタイプか、もし知識があるのであればレンタルVPS等でPoSしても良いかもしれませんね。

      参考になれば幸いです。