仮想通貨って本当に儲かるの?

Iroha Magazine編集長のオカダです!

新年度が始まりました。

余裕のあるこの時期に先手を仕事を進めておくと、あとが楽ですね。

昨年はビットコインをはじめとする仮想通貨が大ブームになった年でしたが、みなさんは儲かりましたか?新年度が始まるこの機会に利益がどのくらいあったのか計算してみてはいかがでしょうか?

時給換算でいくら稼ぎましたか?

利益確定して、確定申告を済ませて手元に残ったお金からいくら稼いだのか明らかになる人も多いと思いますが、果たして費やした時間に見合うものだったのでしょうか。

自分の時給と費やした時間を掛け合わせた額もコストとして計算すると、案外そんなに稼げてなかったりしませんか?

もちろん今はまだそんなに稼げていなくても、ここから年々利益が増えていけばよいのですが、仮想通貨は投資よりも投機に近い性格上、積み重ねたものや経験則は通用しないのではありませんか?

高校生や大学生はまだ時給というと1000円程度の感覚かもしれませんが、努力して自分のキャリアを高めていくと、時給はどんどん上がっていきます。

そう考えると、ギャンブル性の高い仮想通貨にのめり込むのは長い目でみて損ではありませんか?

仕事や私生活を含めて人生の先がある程度見渡せるようになった大人が趣味でやる分には構いませんが、まだ若い20代の子どもまで熱中する現状を少し危惧しました。

感覚がもうおじさんです(笑)

一日のうち決まった時間にのみチャートの確認、通貨の売買をするなど決めないと、本業がおろそかになりませんか?支障は出なくても、仕事まっしぐらの人に出世競争で出遅れる危険もあります。

仕事で昇給すれば翌年からずっと給料が増えたままです。

利益を費やした時間で割って、時給が現状の仕事よりもはるかに低ければ、自分に投資しませんか?

自分に投資という怪しげなパワーワードが出たところで、また別の記事で自己投資について書きたいと思います。

The following two tabs change content below.
オカダ

オカダ

大阪在住。30代男性。教育業界に従事。 あらゆるイロハをまとめるIroha Magazineの編集長。 日々のちょっとした気付きや改善をアウトプットし続け、困難な時代を生き抜く日本人男性の仕事と子育ての両立を目指します!

シェアする

フォローする