マスク不足等で露見した、危うい日本の輸入依存の実態

8割を輸入に依存していたマスクが、今回の新型コロナウイルス騒動で、輸入も止まり、国内業界の量産体制が急務ですが、異業種の企業がマスク生産に乗り出したり、廃業した工場がマスク生産を再開したり、既存のメーカーは24時間体制で量産し、お手上げ状態だったマスクの生産も、国内生産が増え、少し明るい兆しが見えて来ています。シャープも今日からネットでマスクの販売を始めましたね。

シャープ、マスク生産工場(日経新聞)

このようなカタチで、国外からの輸入依存過多の製品・食料品の国内自給を促進させ、今回のような輸入がストップした状態でも、耐性のある、輸入に依存し過ぎない健全な国に舵取りをする良い機会かもしれません。

1、輸入依存国、危うい日本

新型コロナウイルス騒動で特に実感したのが、今の日本は、日用品・食料品・人材に至るまで、輸入品、特に中国への依存率(マスク・百均の製品・建築材料等あらゆる雑貨)がハンパないというとを実生活で実感しました。これは大変危うい状態です。

中国は人口は14億人の大国です。もし、今回のような疾病感染がもっと深刻な状態だったり、大規模な天災等で自国がピンチの場合には、当然自国優先で、輸出していたものを国内需要に回す選択をするでしょう。今回のマスク輸入スットプは典型的なその事例です。共産国家の特質として、極端な輸出制限などが有事には簡単に出来るからです。

この新型コロナウイルスのパンデミックが長引けば「食糧危機」が到来するという予測を出す学者もいます。

そのような状況になった場合、輸入依存の高い日本のような島国は、非常に深刻な事態になり兼ねないのです。このようなことを以前から警鐘する学者、有識者も多いですが、目先の利益優先の経済対策しか考えないのが、今の日本の政府であり私達・・それが現状です。
今回のコロナ騒動で、少しその辺りの危機を皆が感じ出している、といったどころでしょう。

2、食料自給に直結する農産業が末期的

自給、とくに食糧の自給というのは危機管理上一番に上げられる項目でしょう。

そこで着目すべきは現代の農業事情ですが、以前の記事でも少し書きましたが、農業人口が激減して、地方の過疎化は進み休耕田・畑は増え続け、農業産業事態が激しく衰退しています。

農業の現状を書いた以前の記事

このような事態になった原因は、政府の「減反」政策を始めとする、自国の農産品を減らし(結果として)、外国からの輸入農産品を増やす、目先の経済優先の政策が原因と断言しても間違いではないと思います。

「自由貿易」の名の元に、窮地に追いやられたのは農家の人達です。農家が恩恵を受け、将来が明るくなるような政策が見受けられるかと、調べて見ても・・皆無です。そんなものはありません。

現在の農家の平均年収(純利益)は¥150万です。また、農業従事者の平均年齢はなんと65歳です。これが現実です。私自身が農家出身なのでこの数字は身近に切実に感じています。

地方の過疎が急激に進んでいるのは農家の激減が原因です。そこの根本に手を打たないで、過疎対策で地方自治体にお金をバラまいても意味もないし効果はありません。地方自治が力を失う状態での、大都市人口集中は国自体の衰退の道です。

3、長期的な視野と計画が必要な「自給」

農業政策を考察すると、今の与党自民党の支持層である農業従事者を結果的に苦しめている政策を取り続けている、という皮肉な笑えない実情が見えて来ます。

自給」というキーワードで考えると、衰退する「一次産業」農林水産業の立て無しが急務ということになると思います。また、「二次産業」製造業等の生産拠点にしても、「人件費が上がって来たので中国の次は東南アジアだ」のような流れです。

しかし、最初の記事に書いたようなマスク生産に限らず、国内生産についても見直す時期なのだと思います。

農業に限らず、製造業が地方で活性化すれば雇用も増え地方に元気が出て、過疎も抑えられることでしょうし、ネガティブな都市への人口集中も抑制されることでしょう。

素人考えで、いろいろ述べてますが、突拍子もない飛躍的な考察でもなく、普通にフラットな目線で現状を見れば、誰が考えても大体同じようなこと思い憂う、と推測します。

人口減少、少子化は間違いなく今後も進みます。

そのような社会では経済の発展優先より、経済と産業のバランスの方に重きを置き、国内の自給と消費がコンパクトにバランスよく回転する産業構造を構築することが、安定した、危機的な状況にも対応し易い柔軟で強い社会を作ることになると思います。

今回の新型コロナウイルス騒動のダメージも、「雨降って地固まる」の雨降り状態なのかもしれません。またそうあって欲しいと願うばかりです。

The following two tabs change content below.
nora

nora

シニア世代の自由人、趣味のオヤジバンド・野鳥写真・風景スケッチ等で西多摩方面に出没