絶対に焼かない!ロード乗りの日焼け対策!

Iroha Magazine のミズグチです!

ゴールデンウィークは2日で150キロ程度のサイクリングに出かけたのですが、この時期だから大丈夫だろうとあまり日焼け対策をせずに出かけたら、顔や腕が真っ赤になってしまいました笑。

日焼けのせいか疲れもなかなか取れず、ゴールデンウィーク明けの仕事も体がだるーい感じで日焼け対策しておけばよかったなー!と痛感しました。

日焼けのデメリット

  • 焼けると痛い
  • 疲れの原因となる
  • 肌の老化

こんがり焼けた肌も健康的で良いとは思うのですが、ロングライドで肌が焼けるとどうも疲れるのが早く、翌日の疲労回復も遅くなってしまうので、日差しが強い日にロードバイクに乗る日は男女問わずしっかりと日焼け対策をしたほうが良いです。

ポイントとなるのはやはりなるべく地肌を晒さないこと、になるかと思います。

顔・首の日焼け防止

顔や首(特に後ろ)はもろに日光を受けますし、肌が老化しやすい部分であるため、しっかりと対策していきたいですね。

対策方法としては以下の通りです。

  • 日焼け止めクリームの塗布(重要)
    超重要ですが基本です。顔だけでなく、首にもたっぷり塗ってあげましょう。ただ、おでこの上に塗ったあと汗かくと目に入るので私は塗らないようにしています。
    日焼け止めのクリームにはSPFとPAという値によって強さが異なりますが、長時間日光にさらされるロードバイク乗りとしてはなるべく値が高いものを選ぶと良いでしょう。
    私は資生堂の「2e ドゥーエ」はSPFとPAの値が高く、長時間のロングライドでも肌が赤くなることはありませんでした!かなりおすすめ出来ます。

  • フェイスマスクの着用
    肌を日光に晒さないことが重要であるため、フェイスマスクはかなり有効です。パールイズミのフェイスマスクは呼吸も苦しくなく、マスクをはずさなくても給水が出来るため非常に良かったです。
    ただ見た目が怪しい感じになるのだけは唯一のデメリットですね笑。ブラックよりもグレーのほうがまだマシかな~という感じがします。

  • サングラスの着用
    これはロードバイク乗りなら大体しているかなと思います。目も紫外線によってダメージを受けるのでサングラスは必須かと思います。

すべて装着すると以下のようになります。怪しい。。

腕の日焼け防止

夏場は半袖のジャージで走るため、腕が真っ赤になります。本当に。お風呂に入るのが嫌になります。

肌を晒さないという意味では、長袖タイツ+半袖ジャージでも良いのですが、やはり少し暑苦しいというデメリットがあるため、私はパールイズミのコールドブラックのアームカバーを使っています。

半分はメッシュのような生地であり、装着しても暑苦しい感じもなく、むしろ走り出すと着用前より涼しく感じます(ガチ)。これはすごい。長さがちょうど腕の付け根のあたりまでの長さなので、半袖ジャージであっても肌の露出がなくなるので日焼けを防げます!

安物のアームカバーと比較すると、ゴムの部分が肌に優しい素材のようで一日着用していても痛くならないのが良いですね。

脚の日焼け防止

案外忘れがちな脚の日焼け防止。大抵の人は夏は膝上のレーパンの人が多いかと思いますが、風呂に入ると気づく脛の日焼け。他の部位よりは気になりませんが案外痛い。

また、誰に見せるわけでもないですが、レーパン部分は真っ白な肌なのに膝から下が真っ黒ってなんか格好悪いんですよね。

まあそこで、あるんですよね。腕と同様レッグカバーというものが。さすがパールイズミ。

ロングタイツのレーパンでもよいですが暑いじゃないですか。こちらも膝上のレーパンと組み合わせて使えるもので、アームカバーと同様にメッシュ素材+肌に優しい素材であるため涼しく快適。あとはくるぶしまでの靴下を履けば完璧ですね。

まとめ

以上、いかがでしたでしょうか。基本は露出する部分は日焼け止めをたっぷり塗り、隠せる部分は隠す!これに尽きます。

上記装備で朝の6時から夕暮れ時まで走りましたが、日焼けは皆無でした!一番のオススメはフェイスマスクですね~日焼け以外にもマスクとしての効果があるので、砂埃が多い舗装路を走る時も安心でした!

これで夏場もガシガシロードバイクに乗れますね!(乗るとは言っていない)。

The following two tabs change content below.
ミズグチ

ミズグチ

神奈川出身、東京在住。Iroha Mazagineの記者と構築担当。 新しいモノが大好きで浪費癖が酷い。ロードバイク(TIME first)と音楽(ギター)が趣味。 YouTubeでミズハラゴウというユニットで音楽を中心とした活動もしています。 自分が気になるものは何でも記事にし有用な情報をお届け出来ればと思っています!