ジェットウォッシャーを買ってから虫歯にならなくなった

Iroha Magazineのミズグチです!

いや~虫歯嫌ですよね(入りが下手)。私は歯医者さんが大嫌いです。まあ好きな人なんていないですよね。歯科衛生士のお姉さんに指を突っ込まれるのが好きな人ぐらいでしょう(いないことを信じたい)。

虫歯は歯の間の汚れから?

…少々脱線しましたが、私は昔から虫歯になりやすく、定期的に歯医者さんに行って虫歯の治療をしていました。

歯の神経まで削る根管治療をする程虫歯が進行したこともあります。根管治療は二度とやりたくありません、あれほど苦痛な治療はないと思います…。細いドリルみたいのでギコギコギコギコ…神経がすり減ります。まあ実際に神経が削られているのですが。

やはり歯の磨き方が下手で歯間の歯垢などのゴミが取れずに、歯の間から虫歯になっていくパターンというのが殆どでした。ただいくら歯ブラシ使いのテクニシャンであっても全ての歯の間を綺麗にするって結構難しいのでは?と思います。

歯医者で歯間の掃除の重要性について言ってこないのは歯医者業界の食い扶持が無くなるからだと邪推しています笑。セキュリティ対策会社がウイルス作ってるんじゃないの論と一緒ですね笑。

デンタルフロスめんどくさい問題

そこでまず試したのがデンタルフロスですね。普通の指に巻いて使うタイプです。やっぱりデンタルフロスをしたあとは結構スッキリ感があります。

ただ自分には面倒に思ってしまったのか、全然続かなかったです…そもそも奥歯の歯間をデンタルフロスで綺麗にしようとすると結構難しいんですよね。

ジェットウォッシャーええぞ!?

次に試したのが水圧で歯間や歯と歯茎の間を洗い流すジェットウォッシャーを試しました。

これがものぐさな私にはピッタリでした。据え置きタイプのものもあるのですが、私はコンパクトで持ち運びもしやすく充電タイプのものを購入しました。私が購入したのはパナソニックのドルツです。持ち運び時は以下の通り小さくなります。

手軽に歯間を綺麗に出来る、しかもスッキリ!

このジェットウォッシャーは水を入れて電源を入れると約1ミリ幅で水が出てきます(写真だとわかりづらいですが…)。

これが結構な勢いがあり歯の間に対して当ててあげると、デンタルフロスをしたように綺麗になります。水が歯の間を貫通する感じですね。

あとは歯茎と歯の間を刺激するようにあててあげると歯茎のマッサージになります。使い始めは歯茎が弱っていたのか弱設定でも血が出るぐらいでしたが、徐々に歯茎もしまってきて強い設定でも血は出なくなりました。

奥歯の汚れがたまりやすい所だと、歯ブラシ後にやっても食べかすがでてくるのでうまく磨けてないんだなと実感しました。水を入れて電源いれて口に突っ込むだけなので、慣れてくるとささっと使えてかなり手軽ですね。

ジェットウォッシャーを扱う上での注意点

注意点としては水の勢いが強いので、しっかり口の中にいれてから電源を入れましょう!誤って目などに当ってしまうと大変ですからね。

2年ぶりに歯医者さんに検診にいっても虫歯ゼロだった

ずーっと歯医者さんの検診をサボっていたのですが、2年ぶりに恐る恐る検診しましたが「虫歯はありませんね(ニッコリ)」といわれ拍子抜けしました。結構虫歯になりやすい方なので2年もすれば虫歯は出来てしまうものだと思っていたので。

人生で買って良かったものランキングTOP5には入る

無駄に何かを買うのが好きな私は、後から「なんで買ったんだろ…」って思う商品が殆どですが、このジェットウォッシャーはいつも買ってよかったなーって思います。是非オススメします!

バッテリータイプはコンパクトで便利ですが、洗面台が広かったり置く場所が確保出来るのであれば、据え置き型も良いな~と思いますね。

芸能人じゃなくても歯は命!ですのでしっかり歯を守っていきましょう!

The following two tabs change content below.
ミズグチ

ミズグチ

神奈川出身、東京在住。Iroha Mazagineの記者と構築担当。 新しいモノが大好きで浪費癖が酷い。ロードバイク(TIME first)と音楽(ギター)が趣味。 YouTubeでミズハラゴウというユニットで音楽を中心とした活動もしています。 自分が気になるものは何でも記事にし有用な情報をお届け出来ればと思っています!