人気インスタグラマー「D」に見る、成功者の条件

先日の甥の農業起業の件以来、起業成功の条件とか成功の秘訣といったことを自分なりの私見で記事を書こうと思っていた。

今朝、パソコンを開きネットを見ていたら、「インスタで人気トップ10」、「フォロアー246万人」の「D」さん(以下、敬称略)という青年の記事が目に止まった。記事をチェックすると、これが面白くて一気に読んだ。

そして、に興味が沸き、アチコチ情報を探して見てるうちに、「この人は、典型的な起業成功者資質を持ってる」と感じた。また「起業(インスタでの事業展開)の姿勢・やり方が、成功する人の王道だ」とも思った。

で、本日は、Dの人となりを探りながら、成功者の条件とは何なのか?ということを掘り下げてみたい。

1、人気インスタグラマーDとは?

◎Dの、データ(略歴)

・佐賀県出身の日本人

・24歳、男性

・普通のサラリーマンの家庭に生まれる。

・中・高とイジメを受けた経験がある。

・高校時代、テニスに夢中だったが、靭帯を損傷

ファッションに興味を持ち服飾専門学校へ進む。

・2014年4月、インスタ開始、現在、246万人のフォロアー。
(内9割が海外のフォロアー)

・現在、インスタグラムを発信基地に、ファッション関係の事業、デザイン服飾販売等を事業展開している。

◎略歴から読める、Dのパーソナリテイ-

「イジメを受けた」というのは、Dが人の言動に歩調を合わせたりすることが苦手だった、という性格に起因するところが多いようだ。簡単に言えば「協調性がない」わけだが、裏を返せば「納得出来ない行動はしない」という不器用な正直さでもある。このことが後に触れる、インスタグラムの運営の基本スタンスに反映され、成功の要素となっている。

また、高校生の時、テニスに打ち込みインタハイを目指している時に靭帯損傷。落ち込んでいる彼を、母親が買い物に誘う。その時、店員が選んでくれた洋服がカッコよくて感動!「ファッションって人を元気にするんだ!」と実感したという。このことが、彼の進路を決定付けるわけだが、このエピソードは、彼の繊細な感性と美意識のなせる業である。わたしなんか、ファッションで感動したなどという体験は悲しいかな・・皆無に等しい。

◎Dのインスタ運営上のこだわり

<宣伝投稿をしない>

企業から宣伝の依頼があっても、自分が使ったことがない製品や、実際試してみて良いと思ったものでないと投稿しない。自分に正直であり、また正直な発信をしている。つまり、自分を大切にし、フォロアーも大切にしているのだ。

これは簡単なことじゃない。よほど強いポリシーがないと利益を取り妥協してしまうだろう。ここにも、彼のパーソナリティが現れている。

<自分が好きなものを投稿をする>

インスタを見てみると、ファッションセンスのない私でも「かっこいいなぁ」と思うような写真ばかりで、カメラや写真の知識はあるので、その観点から見てみても、構図や露出、絵作りのレベルが高いと感じる。また、写真にもこだわりがあって「写真を加工しない」という原則を守っているそうだ。「撮って出し」ではなくて、吟味したり寝かせたりして、納得した写真を投稿する。そのためには苦労はいとわないのだ。

元々、自分の好きなファッションを撮りまくっていて、それを「インスタに投稿したらどうなるだろう」と思ったのが、きっかけで始めたそうだ。
何もかもが、損得が最初ではなく、好きか嫌いか、「自分の好きなもの」がスタートなのだ。

<喜んでもらえるものを発信したい>

インスタで投稿するエネルギーになるのが「喜んでもらいたい」という思いが一番強いようだ。自分の好みのファッションを投稿して、評価を得て喜んでもらえた。「もっともっと喜んでもらいたい」、と更に強い思いで良質の情報を提供しようとして、投稿の質も上がり、更にフォロアーは増える、といった相乗効果で現在の状況になったのだろう。

実に抽象的で、新鮮でもないこの「喜んでもらえる」という、キーワード。これを「顧客に喜んでもらえる・・」と、置き換えれば、古くからの企業理念の鉄則王道と同一なのだ。

私達世代のカリスマ経営者、松下幸之助・本田宗一郎・稲盛和夫、皆に共通する理念だし多くの成功者の共有する理念だろう。そして、「お客さんの喜びは経営者の喜びでもある」とする金言。時代が変わって、企業の形態が変貌しても、そこは、そこだけは・・不変なのだろう。

この投稿をInstagramで見る

ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ・ Ik vraag het advies van mijn moeder als ik aarzel over de keuzes. ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ・ Chiedo consiglio a mia madre quando esito sulle scelte. ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ・ Я спрашиваю совета моей матери, когда я сомневаюсь в выборе. ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ・台湾、上海、北京 当我犹豫不决时,我会问妈妈的建议。 ㅤ ㅤ ㅤ ㅤㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ・ 在輕鬆的道路上冇結果。 因為任何人都可以學佢。我做出艱難的選擇, 如果我迷路了, 我會和我媽咪傾下。 ㅤ ㅤ ㅤ ㅤㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ・ ฉันขอคำแนะนำจากแม่ของฉันเมื่อฉันลังเลเกี่ยวกับทางเลือก ㅤ ㅤ ㅤ ㅤㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ・ Peto consilium meum, cum sim matris suspensa circa electiones. ㅤ ㅤ ㅤ ㅤㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ・ Jag frågar min mors råd när jag tvekar om valen. ㅤ ㅤ ㅤ ㅤㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ・ Jeg spørger min mors råd, når jeg tøver med valgene. ㅤ ㅤ ㅤ ㅤㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ・ Tôi hỏi lời khuyên của mẹ tôi khi tôi đang do dự về các lựa chọn. ㅤ ㅤ ㅤ ㅤㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ・ Pitam savjet svoje majke kad oklijevam s izborima. ㅤ ㅤ ㅤ ㅤㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ・ Saya meminta nasihat ibu saya apabila saya teragak-agak tentang pilihan. ㅤ ㅤ ㅤ ㅤㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ・ 楽な道のりに実りは無かった。 楽は誰でも真似出来ることだったからです。 難しい選択をするようになって どっち迷ったら、母に相談するようにしてます ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ・ I ask my mother’s advice when I am hesitating about the choices. ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ・ ‎أطلب نصيحة والدتي عندما أتردد في الخيارات. ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ・ Je demande conseil à ma mère quand j’hésite sur les choix. ㅤ ㅤ ㅤ ㅤㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ・ Pido el consejo de mi madre cuando dudo sobre las opciones. ㅤ ㅤ ㅤㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ・ Ich frage meine Mutter um Rat, wenn ich über die Entscheidungen zögere. ㅤ ㅤ ㅤ ㅤㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ・ Peço o conselho de minha mãe quando estou hesitando sobre as escolhas. ㅤ ㅤ ㅤ ㅤㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ・ 나는 선택에 대해 망설이고있을 때 어머니의 조언을 구한다. ㅤ ㅤ ㅤ ㅤㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ・ Seçenekler hakkında tereddüt ettiğimde annemin tavsiyelerini soruyorum. ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ Photo @arca_0105

@ d_japaneseがシェアした投稿 –

3、資質こそが、起業成功の大きな要素

「自己実現」の「引き寄せ」、今も人気があり、有名な先生になると、高額な講習会も盛況だったりするらしい。では、誰もが、著名な先生のノウハウを実行すれば、どんな大きな望みでも成功でも引き寄せられるか?と、問われれば「ノー」だ。そう思うし、それが事実だろう。

それは、そこに、個々の「資質」が関係するからだ。生まれ持った天性のもの。それに努力して積み上げて来た後天的なもの。そんな資質こそが「引き寄せ」でも「自己実現」でも「起業」でも、成功のための大きな条件としてあるのだ。

たとえば、ファッション好きな若者がDと同じように、自分の好きなファッションをDのノウハウで、インスタグラムに上げたら、爆発的な人気が出るかというと、そこそこの人気は出るかもしれないが、同じようには行かないだろう。それは誰でも推測出来ることだ。

また、Dが自分のセンスで良いと思ったファッションを、自分のセンスで写真というフィルター通して表現し発信した。そして人気が出た。つまり、Dのセンスが受け入れられ評価されたのだ。そう考察していくと、特にこのファッションのような、アートな分野での成功は、本人の持つ「資質」によるところが大きいと、あらためて感じるのだ。

だから、起業を考えるにあたり、Dの成功を元にする、考察のまとめとしては・・・。

「自分が何が好きか」

「自分は何がやりたいか」

「自分の得意なことは何か」

この3つをまずスタートラインにして、自分の「資質」について熟考するのが理想だ。「自分と向き合う」また「自分を見つめる」と表現してもいいだろう。

きっかけは「自分でお金を稼ぎたい」でも「社畜はヤダ」でも、何でもいいが、自分の資質を無視して、美味しい話に乗っかったり、安易な思いつきでは、成功はおぼつかいだろう。

The following two tabs change content below.
nora

nora

シニア世代の自由人、趣味のオヤジバンド・野鳥写真・風景スケッチ等で西多摩方面に出没