水彩イラストでふり返る、永遠の名車♪

東京は、新型コロナウイルス感染者が爆発的に増える危険があるとのことで、都知事が緊急記者会見をやっていた。連日、コロナコロナでうんざりだが、しょうがない・・本日は、ずいぶん前に描いた車やバイクの絵でも見て、現実をしばし忘れ、和みたいと思う。

※あくまで、個人の好みのチョイスなので、ご容赦。

◎TOYOTA  2000GT

1967~1970 ヤマハ発動機とトヨタが共同開発した、スーパーカー。試作車を入れても350台ぐらいしか生産されず、手間がかかり過ぎてコスト的には赤字だったらしい。今でも人気が高く、オークションで億超えしたこともある。なんとも色っぽいホルムで魅力的な車。本物を買うには、ちと予算が足りないので、プラモでも作ってみるか。

◎ポルシェ カレラ10

1967年正式な型式は(ポルシェ910)だそうだ、何で別称の「カレラ10」なのかは不明

プロトタイプのレースで日本でも1968年~1969年に活躍した名車。私が子供のころはテレビでレースを見た記憶はほとんどないが、このカレラ10は個人的な記憶ががある車なのだ。子供の頃、子供が買うには少し高い値段のプラモデルを兄とお金を出し合い買って、夢中で作った楽しい思い出があるのだ。精密でフロントランプもちゃんと点灯する、モーター駆動で動く良くできたプラモだった。

◎ハーレーダビットソン

絵は、1950年代のころの写真を元に描いたと思う。以前住んでいた場所で家庭菜園を畑を借りてやっていたころの話。その畑の近所に小さい雑貨屋があって、パンなど食料品も売ってるので、たまに寄っていた。80過ぎぐらいのおじいさんが店番をしていた。その狭い店の中に、古いハーレーがデデン!と置いてあったのだ。良い感じのベージュ系の塗装で丸みのある惚れ惚れするフォルムだった。

店でパンなど買って、つり銭がある時は「良く見えねーから」ということで、クッキーの空き缶の中に、小銭が入っていて、客がセルフでつり銭を数えて持ってく式の、なんとも、ほんわかユルユルのお店だったので気に入って、時々寄っては、ハーレーを眺めていた。

ある日、店が閉じていて・・その後、おじいさんもハーレーも見かけることは無かった。

◎カワサキ W1

ルーツは「メグロ」というバイクメーカーの「k2」という車種をベースに開発されたもので、「メグロ」が倒産し「カワサキ」に吸収され、1966年、「w」シリーズとして発売された、今でもファンが多いバイクだ。何度かマイナーチェンジされ、1973年「w3」でシリーズは完結している。

エンジンを部分的に描いてあるが、なんといってもこの「W1」音が・・エンジン音が良いのだ。マフラーを改造とかしないままで「ズドドド・・」とシブイ音がする。同級生が高校の頃、このW1に惚れ込み、必死にバイトして中古を手に入れ乗っていた。私は自動二輪の免許もないので、バイクは50ccしか乗ったことがないが、車と同じくバイクも絵心を刺激する種類のマシンだ。

◎ランボルギーニ カウンタック

これぞスーパーカーという存在。車種などその辺は詳しくないので、よくわからないが、初めてカウンタックを見た時はその車高の低さに驚いた。あまりスパーカーなど見たことない田舎者には、刺激的だった。1974~1990年の割と長い期間製造されたようだが、日本の1980代のスーパーカーブームの火付け役になったのがこのカウンタックだ。

◎マクラーレン・ホンダ・MP4/5B

絵は、カー№27 1990年の黄色いヘルメットのセナ車。セナ・プロ対決で盛り上がり、ファンもヒートアップ!相棒であり、最大のライバルの二人。、当時エンジンパワーで敵なし状態のホンダとマクラーレンの名車の夢のような組み合わせとドライバーだった。

◎ホンダ RA22

1965年 第一期ホンダF1、HONDA RA22
カー№11 リッチー・ギンサー車、初優勝車だ。当時のトレンドの葉巻型の車体、デザインはチーム監督の中村良夫だった。4輪を作り始めた1963年の翌年にF1に参戦して1965年に優勝するというホンダの凄さ、レース魂、あっぱれだ。リアルタイムでホンダの凄さを見たのは、第2期ホンダF1だが、原点はこの、RA22だったのだ。

◎中嶋悟

日本人初、フルタイムF1ドライバー。同世代のよきライバル、星野和義も速かったし一発の早さは彼の方が速かったもしれないが、中嶋悟は日本一の座より、いつも世界を見ていた「F1ドライバー」を目指していたのだ。キャメルロータスホンダで、当時売り出し中の、飛ぶ鳥を落とす勢いのアイルトン・セナの相棒としてF1ドラバーとしてデビューした中嶋悟、おかげで私もF1に夢中になり、当時はカーナンバーとドライバーは全車覚えていたぐらいだ。

明日も、この名車シリーズの予定。

The following two tabs change content below.
nora

nora

シニア世代の自由人、趣味のオヤジバンド・野鳥写真・風景スケッチ等で西多摩方面に出没