【愛車】Cannondale CAAD8 OPTIMO

Iroha Magazine のミズグチです!

(2017年12月現在はTIMEのロードになっているので古い記事となります!)

2014年の6月15日、はじめてロードバイクを手に入れました。それが、Cannondale CAAD8 OPTIMOです(現在はTIMEのバイクに乗っています)。

まず乗ってみて驚いたのが、漕いだらスッと進む感じが今までの自転車とは違うなと思い、感動しました。それまではGIANTのエスケープR3に乗っていたんですが、全てのパーツの精度や重量が全然違うんだろうなあと感じました。

はじめてのロードバイクなのでこのCAAD8がどの程度のモノなのか比較出来ませんが、私は大変気に入りました。なによりロードバイクの素晴らしさをこのバイクから教えてもらいました。

以下は、後輩ちゃんにロードバイクを売ってもらった際に作って頂いたスペック表です。

乗り心地

今ではフルカーボンのバイクに乗っていますが、アルミ+カーボンフォークのCAAD8 OPTIMOも振動吸収する乗りやすい部類のフレームでした。このバイクで東京~京都まで走破しましたが、手のしびれやお尻の痛み等ほとんどなかったかと思います。以下は京都まで走り終えたときの写真。バックは京都駅。

☆2014/06/15 譲り受けた時のスペック

フレーム&フォーク   :Cannondale CAAD8 OPTIMO (52) ※現行CAAD8とは別製品
クランク        :Shimano Tiagra FC-4650 (50-34T)
ボトムブラケットユニット:Shimano Dura-Ace SM-BB7900(?)
ペダル         :Shimano PD-A600
フロントディレーラ   :Shimano Tiagra FD-4600-B
リアディレーラ     :Shimano Tiagra RD-4601-GS(SSかも?)
シフター        :Shimano Tiagra ST-4600
フリーホイール&カセット:Shimano Tiagra CS-4600 (12-28T)
ヘッドセット      :不明
ハンドル        :不明
ステム         :不明
シートピラー      :ZIPP Service Course SL(?)
サドル         :Bontrager Affinity RL (M)
チェーン        :KMC X10
ホイール        :GIANT P-R2
タイヤ         :Michelin Pro4 Service Course (23C Red)
ブレーキ        :Shimano 105 BR-5500
チューブ        :Vittoria ウルトラライト 52mm(?)
サイクルコンピュータ  :CATEYE CC-TR310TW V3n
SPDシューズ      :Shimano SH-RT82 (42)

現行モデルではCAAD8はアルミフレームのエントリークラスですが、
このフレームの発売当時はCannondaleの中でも上位クラスで、ツールドフランスでも使用されていたフレームらしいです。
付いているパーツについては、グレードがバラバラなので後輩の手持ちのパーツから組んだのかなと思われます。

The following two tabs change content below.
ミズグチ

ミズグチ

神奈川出身、東京在住。Iroha Mazagineの記者と構築担当。 新しいモノが大好きで浪費癖が酷い。ロードバイク(TIME first)と音楽(ギター)が趣味。 YouTubeでミズハラゴウというユニットで音楽を中心とした活動もしています。 自分が気になるものは何でも記事にし有用な情報をお届け出来ればと思っています!