私のアトピー完治までの話

私は幼少期からアトピー性皮膚炎(以下アトピー)でこれまでの人生かなりアトピーのことで悩まされてきました。アトピーになった人にしかわからないかと思いますが、本当に辛いんですマジで)。

恐らくアトピーの治療法はかなり個人差があり万能なものはないとは思うのですが、私が完治した一つの例として今アトピーで悩んでいる方の参考になればと思い記事にしてみました。

今の肌の状態は以下の通りです(無加工です)。ボロボロの状態からよくここまでになったな~と思いますね。特に肘裏などの肌の薄い部分は荒れやすくてひどかったですが、今は綺麗です。

アトピーの特徴

アトピーは、「酷い痒み(アレルギー反応)→掻く→皮膚が荒れる」の繰り返しによって、肌がボロボロになります。擦り傷とかの治りかけって痒いですよね?あんなイメージです。皮膚が荒れて、治ってくるころにはまた更に強い痒みとなるので、掻かなきゃいいじゃんと思われるかもしれませんが、そんなの無理なんです。それほどの痒みです。

また、いくら強い意思を持って昼間痒みに耐えても寝ている間に無意識に掻きむしり、朝方ボロボロになるというのが常です。また皮膚から血が出るほど掻いてしまうので、痒いし痛いし本当に辛いんですよね。

幼少期からアトピーだったので、物心つくころにはコンプレックスで肌がボロボロな自分が大嫌いでした。

くらーい感じになっちゃいましたが、アトピーだったせいか人より肌に気を使うため(保湿バッチリなんで)、今は実年齢より多少若く見られることも多く、ちょっとは嬉しい事もあったりします!!笑

治療方法

かなり治療方法は迷走しました。特に20歳頃の頃は脱ステロイドを実施して大変なことになりました。これまでどんな治療法をやってきたのか、どうやったら完治したのかを記載していきます。

0歳~20歳の治療法

生まれてから20歳ぐらいまでは同じ病院に通院していましたが、治療法としては一貫して弱めのステロイド軟膏を塗り続けるということでした。

やはりステロイドは一定の効果はあり、治ってくると結構肌は綺麗になり痒みも引きます。ただ完全に痒みがなくなるわけではなく、体調によって徐々に悪化してしまうんですよね。

なので、治っては悪化の繰り返しでした。高校~大学の時期は顔にもアトピーの症状が出ていたので本当に嫌で、たまに学校をサボったりしてました笑。

21~22歳頃の治療法

この時期にインターネットで2ちゃんねるのアトピー板を見るようになり、「ステロイドは悪だ!」「病院は駄目だ!」みたいなスレばかり見ており、完全に洗脳されました。今思えばかなり情報が錯綜していましたね。。

脱ステロイドしないと一生治らないんだ…(ブルブル)」と思いはじめるようになり、きっぱりステロイドは捨て保湿オンリーの生活をはじめました。

正直いってこの治療法の時が一番苦痛でした笑。痒みをひたすら我慢しなければならないですからね。というか治療法なのかも少し怪しいです。

この頃は本当にいろんなことを試しました。

保湿作戦

まずかなりの種類の保湿クリームを試しましたね。2chにまだあるか分かりませんが、保湿クリーム評価スレみたいのがあって、よくそこで情報収集していました笑。

色々試した中で個人的によかったクリームはユースキンAというクリームでした。全身保湿し痒みを防ぎ、絶対に掻かないんだ!という強い意思で凌ぐという治療法でしたが…まあ無理でした。。

飽和食塩水作戦

あとこの時期に試した治療法の中で唯一効果があったのは、塩による治療でした。海にいくと肌の調子がよくなることは以前から知っていたのですが、塩の効果はステロイド以外では一番効果がありましたね。

※余談ですが高校生の頃、肌に良いので無理やりオカダ編集長を連れて海にいってました笑。懐かしい。

ただ考えてください、文字通り「傷口に塩塗る」のでかなり痛みに耐えなければなりません。

やり方としては、風呂で飽和食塩水を作り全身にぶっかけます。溶けきれない塩がザラザラしてしまうかと思いますが、擦り込むようなことはしないでくださいね。食塩水を手に広げてパタパタと肌につけていくようにしてください。

皮膚が出血するぐらい荒れている時にやるとマジで痛いです。徐々に感覚が麻痺するのか、徐々に痛みがなくなってきますので、痛みがほぼなくなったら冷水で洗い流して風呂を出ます。

この苦行をやることで、痒みはかなり抑えられジュクジュク系の傷や肌も結構良い状態になるんですよね。塩の殺菌能力や肌に良い成分が良いんだと思います。

最近では塩サウナも結構みかけるので、やっぱり塩は単純に肌に良いんでしょうね。

ただアトピーで荒れた肌にはやっぱり痛いし、冬は冷水が辛いので続きませんでした。ちなみに塩はスーパーで売っていた伯方の塩。

結果的にかなり深刻なレベルまでアトピーは進行してしまいました。頭皮や顔にまで進行し、かなり辛い日々を過ごしました。色素沈着で肌が赤黒くなっていました。大失敗。。

22歳以降の治療法(完治に繋がった方法)

大学卒業後は就職だったので、就職前までにはなんとかせねばとアトピー治療で評判の皮膚科がある病院にいきました。そこで先生から出された方針としては、

  • 顔はプロトピックで長期的に治す
  • 体は一気に強い薬(ステロイド)で短期的に治す

でした。

プロトピックというのは非ステロイド系の薬で皮膚の薄い顔にも使える薬です。非ステロイド系ではないので長期の治療にも向いているんだと思います。

顔はプロトピックでじっくり治す

結論からいうと、プロトピックは私には非常にマッチしました。1日目、2日目はプロトピック特有の熱を持ったような痒みが伴うかと思います。その反応でやめてしまう人もいるかと思いますが、我慢して使い続けてみてください。3日目以降は痒みもなく、かなり肌が綺麗になってくるかと思います。これまでずーっと悩んでいた顔のアトピーがプロトピックで本当に救われました(↓プロトピック様)。

ただプロトピックの注意点としては2点あって、塗布した後は日光を浴びてはいけないので、寝る前ぐらいしかつけるタイミングがないことと、中途半端に治った後にやめてしまうとすぐに再発するので長期的に様子をみて治療していく必要があることですね。私はビビって数年間は毎日塗っていて、その後1日おきぐらいに思い出したかのように薄くぬり続け、気がついたらやめてました。

プロトピックは2種類あるようで、通常のものと子供用があるようで、それぞれで濃度?が違うようです。私は大人用のものを使っていました。

体はアンテベート軟膏で一気に治す

続いて体のアトピーはステロイド系の塗り薬としてはかなり強力なアンテベート軟膏で一気に治療しました。アンテベートはステロイド系の塗り薬としては、5段階中2番目に強い”非常に強い”ステロイドのお薬です。これはダラダラと弱い薬で治すのではなく、一気に治療することでステロイドを塗る日数を減らす意味合いがあったのだと思います。

ポイントとしては結構肌が綺麗になっても塗り続けて完全に綺麗になるまで塗ることでした。
完全に綺麗になったらスパッとアンテベートは使わず、また少しでも悪化したら塗るということを繰り返しました。また、本当に酷いはじめの2週間ぐらいは抗アレルギー剤も合わせて服用しました。これはかゆみ止めみたいなものみたいです。半年程上記の治療方法を続けたら体のアトピーは完全に治ってました

イメージとしては徐々にアンテベートを塗る回数が減っていく感じですね。気づいたらアンテベートを使わなくなり、ここ数年はアンテベートは使っていません。またアンテベートは数年保管が効くのでお守りとしてもっておけるのも良いですね。

上記治療が主な完治の要因だと思いますが、その治療の間に住環境やはじめた習慣もあり、それらも良い影響を与えていたことも考えられるので、補足として記載しておきたいと思います。

一人暮らしをはじめたこと

社会人になって実家を出て一人暮らしをはじめました。当時の実家は古い家屋だったので、ハウスダストであったり何らかの悪い影響が出やすい住環境だったのかもしれません。気のせいかもしれませんが。それか一人暮らしの開放感が良かったのでしょうか?笑

毎日ヨーグルトを食べるようにしたこと

風邪やインフルエンザにかかりづらくなるということでヨーグルトを毎日食べるようにしていました。最近カルピスがアトピー等のアレルギーに効く乳酸菌のサプリメントを出しているので、ヨーグルト(乳酸菌)は結構効果があったのかなーと思ったりしています。

最近はR1ヨーグルトをヨーグルトメーカーで量産しています笑。ヨーグルトメーカーは少し温めた牛乳にR1ヨーグルトの飲むタイプのものを入れて放置するだけで量産出来るのでオススメします!

定期的な運動(汗をかくこと)

社会人になってから結構太ってきたので定期的にランニング等の運動をするようになりました。やはり運動をしたその日や次の日は肌の調子が確実に違うので、汗を掻くことは確実効果があると思います。

ただ日光に当たりすぎるのは肌には悪影響なので、個人的には夜のランニングやジムでの運動やサウナがオススメです。

色素沈着

上記の治療で肌のアトピー性の肌の荒れは完治しましたが、見た目という意味ではステロイドの副作用なのか、アトピーで荒れたからなのか色素沈着といって肌がやや黒ずんだ状態になってしまいました。色素沈着にはビタミンCが良いということで、色素沈着が気になりだしてからはビタミンCのサプリメントも摂取するようにしました。サプリメントが良かったのか、20代前半で若かったからなのかが分かりませんが、1年ぐらいで色素沈着は無くなりました。

ビタミンCのサプリメントは安く売っており、あまり飲みすぎても害になるものでもないの色素沈着を気にしている人は摂取してみては?と思います。

私はステロイド治療賛成派

賛否あるかと思いますが、私はこのやり方で完治したので結果論かもしれませんが、ステロイド治療に賛成しますし、アトピー患者の方にはまず試してみて欲しいです。

よくプロトピックやステロイドの副作用が~と理由に肌がボロボロの状態でいるぐらいなら私は一気に治してアトピーを気にしないで生きていったほうが絶対人生楽しいと思います。少なくとも私はそうして良かったです。

以上、私の完治までの流れを記事にしてみました。ただこれはあくまで私のやり方であり参考としてください。もし同じやり方で実施する場合は病院の先生と相談しながら進めるのがよいかと思います!

The following two tabs change content below.
ミズグチ

ミズグチ

神奈川出身、東京在住。Iroha Mazagineの記者と構築担当。 新しいモノが大好きで浪費癖が酷い。ロードバイク(TIME first)と音楽(ギター)が趣味。 YouTubeでミズハラゴウというユニットで音楽を中心とした活動もしています。 自分が気になるものは何でも記事にし有用な情報をお届け出来ればと思っています!