#アマビエチャレンジ アマビエで疫病退散祈願!

今、Twitterで、「疫病退散」を願い「アマビエ」という伝説の妖怪?の絵を「#アマビエチャレンジ 」で上げて、なんとか新型コロナウイルスを撃退しよう!と盛り上がっています

それで私も、描いてみました。

ほんとにね、なんとか爆発的な感染拡大にならずに済むよう願いたいです。

女神様というようなイメージで可愛く描きました。

【アマビエとは?】

このアマビエというのは、いったいどういったものなのか、調べてみました。

◎アマビエの古い資料

日本に伝わる半人半魚の妖怪。光輝く姿で海中から現れ、豊作や疫病などの予言をすると伝えられている。

弘化3年4月中旬(1846年5月上旬)の瓦版より
京都大学所有

<ウイキペデアより転載>

◎アマビエの伝説

長く伸びた髪に鳥のようなクチバシ、体は人魚のようにウロコで覆われ、3本足で立っている。京都大付属図書館が所蔵する瓦版にはそんな奇妙な妖怪が描かれている。同館によると、アマビエは江戸末期の弘化3(1846)年に肥後国(現在の熊本県)の海に出現したとされる妖怪。自ら「アマビエ」と名乗り「病が流行したら私の姿を写して人々に見せよ」と告げて海へ帰ったという言い伝えが残ることから、疫病退散に御利益があると信じられてきた。

産経新聞より転載

アマビエは、海中から現れ、人々に豊作や疫病を予言するといわれる妖怪。
江戸時代に熊本県の海に現れ「疫病が流行したら、私の写し絵を見せなさい」と
告げて、再び海に消えた言い伝えがある。

毎日新聞より抜粋

◎水木しげるのアマビエ

妖怪といえば、第一人者・・水木しげるですね。

水木プロ

◎アマビエトラック

大分の運送会社「一番運輸」の社長藤田さんが、東京在住のイラストレーター、モノノケさんの描いたアマビエの絵を、長距離トラックのサイドパネルに貼り付けたそうです。

藤田社長は「この妖怪を見たらご利益があると思って下さい。アマビエのイラストに癒されてほしい」と、コメントしています。なんとか皆を元気づけようという気持ちですね。

モノノケさんは、「妖怪の力をもってしても、現在の状況を変えることが出来ないかもしれないが、見た人の心を明るくすることが出来るのでは」とイラストを無償提供している、とのことです。

全国を走っているそうなので、運が良ければ見かけることがあるかも・・。

長期戦になりそうな感染拡大との闘いで、疲弊してゆく人の心を、癒そうという試み、「アマビエ」は、ほんわかした気持ちにしてくれます。こういった楽しい盛り上がりは、暗いニュースばかりの中で、心が和み、元気をもらいますね。

The following two tabs change content below.
nora

nora

シニア世代の自由人、趣味のオヤジバンド・野鳥写真・風景スケッチ等で西多摩方面に出没