新型コロナの10万円給付、どうすればもらえるの?

新型コロナウイルス拡大で、疲弊する国民の救済処置として1人、一律10万円給付が決定しました。

賛否両論ありますが、とりあえず現金が、分かりやすい「一律」という形でもらえるのはありがく思います。

そこで、どうすればその10万円をもらえるのかを、調べてみました。

『超シンプル簡単説明』

<以下、産経新聞のネット記事より要点を抜粋>

1、もらえる資格がある人は?

・4月27日の時点で住民基本台帳に記載がある人

2、いつからもらえる?

・早ければ5月中にもらえる。

3、どうすればもらえるの?

①市区町村が、住民基本台帳を元に、世帯全員の氏名が記載された申請書を郵送する。

②届いた申請書に、世帯主か、その代理人が、銀行の口座番号などを記載し、運転免許証の写しなど、申請者を確認できる書類を添付して返送すれば、世帯分の給付金が口座に振り込まれる。

◎マイナンバーカードがあればオンライン申請も可能。

以上、出来るだけ簡単に要点だけ見れば、以上のようなことで、10万円はもらえるようです。

もう少し詳しく、情報を把握したい方は以下の「総務省」の「特別給付金」の告知を確認して下さい。

『もう少し詳しい、「総務省」の説明』

<「総務省」のHP「特別給付金」告知を転載>

【給付対象者及び受給権者】

給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている者
受給権者は、その者の属する世帯の世帯主

【給付額】

給付対象者1人につき10万円

【給付金の申請及び給付の方法】

感染拡大防止の観点から、給付金の申請は次の(1)及び(2)を基本とし、給付は、原則として申請者の本人名義の銀行口座への振込みにより行う。

(※)なお、やむを得ない場合に限り、窓口における申請及び給付を認める。その際、受付窓口の分散や消毒薬の配置といった感染拡大防止策の徹底を図る。

(1)郵送申請方式

市区町村から受給権者宛てに郵送された申請書に振込先口座を記入し、
振込先口座の確認書類と本人確認書類の写しとともに市区町村に郵送

(2)オンライン申請方式(マイナンバーカード所持者が利用可能)

マイナポータルから振込先口座を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、
電子申請(電子署名により本人確認を実施し、本人確認書類は不要)

【受付及び給付開始日】

市区町村において決定(緊急経済対策の趣旨を踏まえ、可能な限り迅速な支給開始を目指すものとする)
「(1)郵送申請方式」「(2)オンライン申請方式」それぞれに受付開始日を設定可能
申請期限は、郵送申請方式の申請受付開始日から3か月以内

(注記)
上記は現時点における検討状況をお示ししたものであり、今後の検討によって変更もありえます。内容が固まり次第、追加してまいります。
本給付金の実施に当たっては、令和2年度補正予算案の成立が前提となります。

最後に、この給付金に関係する詐欺に対しての注意を、総務省のページでも呼び掛けています。ご注意下さい!

The following two tabs change content below.
nora

nora

シニア世代の自由人、趣味のオヤジバンド・野鳥写真・風景スケッチ等で西多摩方面に出没